定義如来・平貞能と平家落人の里 定義さん、その参詣の定義道とは・・・ 





 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
       沙羅雙樹の花の色、盛者必衰のことはりをあらはす。
      おごれる人も久しからず、只春の夜の夢のごとし。
        たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。
                     (平家物語 巻一 祇園精舎)

 

  平家の落人は全国に渡って秘境のと呼ばれる地に散在していることが見てとれます。
  飛騨高山や合掌造りで有名な白川郷や越中五箇山も同じく落人伝説を持つ部落です。
  また、岩手の山間部にも京言葉を使う部落があるようです。確か東岩井郡だったと思います。
  栃木県の鬼怒川・川治温泉から山間に入ると湯西川温泉がありここもまた平家落人伝説を持つ秘境の地
  なのです。
  追っ手から身を隠すため犬や鶏を飼う事は無かったとも聞きます。
  また、幟等も立てれば目立ちますから、その習慣も無く鯉幟を上げることも無かったようです。
  だからと言ってただ隠れていただけでもありません、宮城には攻めることを想定して前線基地を設け、
  その守りや攻撃の準備をしていた場所が地名として残っている場所もあります。

  しかし、落人の悲しい宿命は平家物語を通じ、涙なくしては読み取ることもできないでしょう。
  その戦いは屋島の合戦にせよ壇ノ浦ににせよ華々しい場面は勇ましいですが、都を落ちゆく平家の公達や
  武士の姿は悲しく
  婦女子も面影は哀れであったに違いありません・・・・
  人とは、弱気ものです。
  逃れ惑う平家の人々の中に今回紹介する、平貞能(たいらのさだよし)の一団もあったのです。
  厳しい山間の中で生活しなければならなかった彼らの生活と歴史を探ってみました。

     
              平貞能(たいらのさだよし)・・・・誰?と思いますので、家系図を挿入しました。   
   
                  

 ※平重盛(1138〜1179)
 平安末期の武将。 清盛の長男であり、通称、小松内府(こまつないふ)、灯篭大臣という。
 保元・平治の乱に功あり累進して左近衛大将内大臣を兼ねた。
 性謹直、温厚で武勇人に勝れ、忠孝の心が深かったと伝えられる。(広辞苑より)

 平重盛は治承二年(1178)の秋、重い病にかかり、死期が迫っていることを感じた。
 公は、老臣肥後守貞能(さだよし)を枕元に呼び※中国伝来の御霊像を授け、永く後世に伝えて、
 天皇を始め平氏一族加えて世の人々の後生と自らの死後の菩提を弔うように伝えた。
                                        治承三年四月 四十二歳 死去

 公の遺命(死後に残した命令)を受けて貞能(さだよし)は、日夜礼拝供養を続けた。
 その様子は、生前重盛公にお使えする様なお姿だったそうです。
 翌4年9月義仲の変にあった平氏は、清盛の死後、威勢は次第に落ちてきたのです。
 平宗盛公は敗走するのに西国を選んでいました。
   ※平宗盛=清盛の子・重盛の弟、一族と共に安徳天皇を奉じて敗走、壇の浦で捕らえられ後に近江で斬(1147〜1185)
    ※敗走=戦いに負けて逃げ走ること

      
 その様子を平家物語には次のように記されています。

 同じき七月四日、肥後守貞能、鎮西(ちんぜい)の謀反平らげて、菊池・原田・松浦党以下三千余騎を召し具
 して上洛す。
 鎮西は、わずかに平らげども、東国、北国の軍いかにもしずまらず。
                                             平家物語 巻第七 主上都落
           ※鎮西=(743〜745)大宰府を鎮西府と称したことから、九州のことです。
           ※召し具して=そばに呼び寄せてお連れになる。


 平家が、このような状態の京都へ、義仲軍が上洛を開始するにあたり、わずかに肥後守貞能が周辺の源氏方
 を平らげ、三千余の騎を引き連れて上洛してきたのがせめてもの慰めであった。
 しかし、義仲の大軍はすでに近江まで押し寄せてきていました。
 
 平家物語によると   

 京中に残り留まる平家の余党を討たんとて、貞能が帰り入る由聞えしかば、池大納言「ョ盛が上でぞあらん」と
 て、大きに恐れ騒がけり。
 貞能は西八条の焼け跡に大幕引かせ、一夜宿したりけれども、帰り入り給ふ平家の公達一所もおはせねば
 さすが心細うや思ひけん、源氏の馬の蹄にかけじとて、小松殿の御墓場掘らせ、御骨に向かい奉って、
 泣く泣く申しけるは、「あなあさまし、御一門の御果御覧候へ。
 『生ある者は必ず減す。楽しみ尽きて悲しみ来る』と古より書きおきたる事にて候へども、まのあたりかかる憂き
 事候はず。君はかようの事をまず悟らせ給ひて、かねて仏神三宝に御祈誓あって、御世を早うせさせましけるに
 こそ。ありがたうこそ覚え候へ。
 其の時貞能も最後の御共仕るべう候ひけるものを、かひなき命を生きて今はかかる憂き目に逢ひ候。
 死期の時は必ず一仏土へ迎へさせ給へ」と泣く泣く遙かにかき口説き、骨をば高野へ送り、傍の土をば加茂河
 に流させ、世の有様頼もしからずや思ひけん。  (平家物語 巻第七 池殿都落)   

 貞能は平宗盛公の敗走を聞き容れられないので諦め手段がなくなった。
 ただ心配なのは亡君重盛公の墳墓が敵の馬蹄に踏みにじられることを嘆き悲しみ密かに遺骨を発掘して
 高野山へ移し納めたのです。
 その後臣節を全うして宗盛公の軍に従い、一ノ谷、屋島と戦いに敗れ遂に壇ノ浦にて二位尼は、安徳天皇
 (8歳)を抱いて入水した。
 平宗盛は生け捕られ、平氏は滅亡となる(元暦2年(文治元年)1185年3月24日)
 ところが一ノ谷、屋島と戦いながら西へと向かったが軍は離れ離れになり本軍にはぐれてしまった集団もいた、
 貞能は其の中にいたのです。
 一度は死を固く誓ったが、平氏一族が絶えたことをさとり意を決して重盛公の遺命を守り戦いの折、片時も離
 さなかった阿弥陀如来のご霊像を持ち従臣数人を従えて常陸に隠れ髪を剃り出家した。
 貞能は「肥後入道」と称されていましたが、平氏の生存者に対する源氏の追討が厳しくなってきた。
 貞能は従臣等と共に東奥に逃れ、人里離れた奥深い渓谷に身を潜め居を構えられたのです。


定義の誕生
其の地こそ(旧)宮城県宮城郡宮城町大倉、現在の仙台市青葉区大倉の地です。
貞能はそれでも世を憚り、名を「定義」(さだよし)と改めました。
これが「定義」の誕生ですね。
定義如来(じょうぎにょらい)と呼ぶのもこれが起こりですね。
宮城では訛って「じょうげ」とも呼びます。
貞能は改名後も朝夕尊像を礼拝し※安徳天皇の大菩提と主君重盛公及び平氏一族の冥福を熱心に祈り続け
ていたのです。
貞能(定義)は死期にのぞみ従臣達にたくしたことは、「我が死後は、墳墓の上にお堂を建て如来の御尊像を
安置し後世に伝えるように」と申され建久九年(1198)七月七日御齢六十歳を以ってお隠れになったのです。

※第81代 安徳天皇
【生没】1178年11月12日〜1185年3月24日(8歳)
【在位】1180年 2月21日〜1185年3月24日(6年)
【諡】言仁(ときひと)
【父】高倉天皇 【母】平徳子(平清盛の娘)
【陵】阿弥陀寺陵(あみだじのみささぎ)山口県下関阿弥陀寺町

安徳は3歳で即位した、その翌年、後白河法皇の第2子・似仁(ももひと)が源頼政とともに打倒平氏の軍を起こす
が失敗。
後に源義仲(木曽義仲)、源頼朝などの各地の源氏が挙兵し、平氏は倶利伽羅峠(くりからとうげ)の決戦で惨敗
した。
1183年に義仲が入京、平家一門は幼帝・安徳と三種の神器を奉じて都落ちした。
それから2年後の1185年、壇ノ浦で平家一門は海の藻屑と消えた。
安徳の祖母である平時子に抱かれて入水しわずか8年の生涯を閉じたのです。

定義阿弥陀如来とは・・・(中国伝来の霊像)
御本尊である阿弥陀如来は中国より伝来の御霊像であり大唐の世に法照禅師と申される知徳兼備の高僧がおり、
禅師は一日霊感を得て(大暦四年四月五日)文殊菩薩の浄土と仰がれる五台山中(現在の山内省)竹林寺に登り
菩薩様を拝した時、菩薩様は親しく禅師の御前に顕れ給い、「西方極楽の阿弥陀如来こそは、救われたいと念願して
如来のみ名を称える人は、誰でも貴賤貧富の分け隔てなく、罪深く迷い苦しみに悩みながら生活を続けている凡夫衆生
(ぼんぷしゅうじょう)を生身そのままに且つ後生永劫にお救い下さる唯一の御仏である」と南無阿弥陀仏の妙行を直に
お授けになり、加えて阿弥陀如来画像のご宝軸を賜りました。
以来、禅師は世にあって文殊菩薩様より面授のみ教えを熱心に広め、後、育王山欣山寺に隠遁(いんとん)するに及んで、
御霊像は長く同寺の宝物として広く人々の信仰うを集めていました。
※隠遁=世事をのがれて隠れること
平重盛公は早くから仏教に深く帰依され、公は争いが始終絶えない乱世の平和に立ち還ることを願い欣山寺に祈願のため
黄金若干を寄付された折、時の住僧仏照徳光禅師は伝来の御霊像を公のもとに贈られたのです。
公は歓喜して日夜に礼拝し、天皇、国家のご安泰と平氏一族を始め我が身の後生を祈りました。

 我が家にある阿弥陀如来の御霊像! 勿論複製品です。 娘が持っている数珠です。

              





             数珠の大玉をアップにして覗くと如来像が見えます。
           

 落人と定義さん
 落人達は人里離れた深山幽谷を自ら求めけわしい山間に世間との交渉も薄く、山間の急傾斜を開き棚田などを
 作って長い間厳しい自然に立ち向かいながら生活をしてきたのです。
 其の生活は家族や命を守るために、少しの怠慢も許されなかったのです。
 その地に立つと、私の頬を突く風がその厳しさを物語るようです。
 現在の地は仙台市青葉区となっていますが360度大自然の中にあり、この山奥には水道管さえ普及していませ
 ん、皮肉にもここには大倉ダムと七北田ダムがあり、水を市民や近隣の町へ供給しています。
 それなのに地元の人には何の恩恵も無いのです。
 しかしながら唯一の恵みは豊かな大自然です。
 清らかな沢の流れや山の恵みは飲料水となり、薬草にもなります。
 その知恵は、ここに住む人々に受け継がれまた、山林は古くから木炭の生産地ともなり木材も含め
 それを生業としてきたのです。
 
 48号線「関山街道」を表門とされる熊ヶ根大手門から大豆沢〜青下に入り山道を巡り、
 定義の里へ落ち延びたという説があります。
 途中の大豆沢の地名は、従臣が馬の飼料である豆をあたりに散らしたのが理由のようです。
 青下の地名は、仮屋を建て青柴を屋根にしたことから付いたちめいのようです。

 現在の地図に照らし合わせてみました。
 山道はありました、しかしここは車で走れる道ではありません。
 緑の道路や点線は、現在の参拝道路です。
 オレンジ色が、貞能の定義への道です。

          

          下の黄色い点線は、後程説明します。
 
  黒のペンで小倉神社と書いていますが、以前紹介済みの、平家に関わる神社です。
  小倉神社 クリックでジャンプします。

  今では、「定義さん」や「定義如来」と呼ばれ、一般の人々に広く信仰され、年間百数十万の参詣者を数えています。
  昔から「一生に一度の大願は必ず叶えてくれる」と信じられ良く知られています。
  我が家でも安産祈願をしたものです。

      ホームページでは、3話になっています。 右下のnext pageをクリックして下さい。  


     定義如来に関するブログの記事
     平家落人の里
     定義如来のだんごを食べに
     定義如来/西方寺:平貞能公
     定義如来/西方寺(定義山):平貞能公 その2
     小倉神社 
     

                                                       定義道へ
                                      
 

Copyrigt (c) 2009,ひーさんの散歩道 all rights reserved

                                                        

inserted by FC2 system